ようこそ 武石研究室へ

分子から臓器スケールに至る各階層的な流れが、如何にして物性や生体機能に帰着するのかを明らかにすることを目指し、計測と数理モデリング、数値シミュレーションを組み合わせたバイオメカニクス研究を進めています。
生体流れは一般に、流体力学、固体力学、生化学などが連成した複雑な流れを呈します。そのため、このような複雑流体に対する新たな解析基盤としての計算力学モデルの構築も進めています。
生命動態を支える力学原理の解明と共に、各種疾患に対する新しい予測・診断方法の創出に繋げる医工学研究を展開しています。

NEWS

2023/11/30ニュース
学部3年生の配属が決まりました。
2023/07/10講演
武石准教授が ASME-JSME-KSME Fluids Engineering Division (AJKFED 2023) において基調講演 (Keynote address) を行いました。
2023/06/26論文
武石准教授とOISTのMarco Rosti准教授との共同研究が Physical Review Fluids に発表されました。
2023/06/05ニュース
武石准教授が令和5年度法人戦略枠に基づく若手研究者支援制度(学内予算)に採択されました。
2023/06/04受賞
武石准教授が第46回日本バイオレオロジー学会年会で学会奨励賞を受賞しました。
2023/06/03受賞
武石准教授の共著論文が 2022 JBSE Papers of the Year Award を受賞しました。
2023/04/01ニュース
武石研究室を立ち上げました。